ネットワークの技術

ADSL変調方式

  • DMTといわれ、帯域幅が4kHzのサブキャリアを多数配置することにより、広い帯域を細かく区切り、個々に独立した帯域を使用する

IPv6

  • 128ビットで構成され、マルチキャストアドレスは、128ビット列のうちの、上位8ビットがすべて1(ff)である

光アクセスネットワークの設備構成

  • 電気通信事業者の光加入者線終端装置とユーザ側の光加入者線終端装置との間を1対1で配線する構成は、SSといわれる
  • 電気通信事業者の設備から1心の光ファイバ回線を、分岐点において光スプリッタで分岐し、個々のユーザにドロップ光ファイバを用いて配線している方式はPONといわれる

データ伝送技術

  • 4B/5Bといわれるデータ符号化を行なった後、NRZIといわれる方式を符号化する。
  • 2値符号でビット値1が発生するごとに信号レベルが低レベルから高レベル又は高レベルから低レベルへと遷移する符号化方式である
aidd3.png


GE-PON

  • 各ONUは受信フレームの取捨選択をイーサネットフレームのPA(PreAmble)に収容されたLLIDといわれる識別子を用いて行なっている
  • OLTから配線された1心を最大32分岐する設備構成としているものが多い
  • OLT配下の各ONUに対して送信許可を通知し、各ONUからの上り信号を時間的に分離して衝突を回避している。(マルチポイントMACコントロール副層

EoMPLS

  • ユーザネットワークのアクセス回線から転送されたイーサネットフレームは、MPLSドメインの入り口にあるラベルエッジルータでPAとFCSが除去されレイヤ2転送用のMACアドレスヘッダとMPLSヘッダ(32ビット)が付与される
  • MPLS網内を転送されたMPLSフレームは、一般に、MPLSドメインの出口にあるラベルエッジルータでMPLS網内転送用のMACヘッダが除去され、イーサネットフレームとしてユーザネットワークのアクセス回線に転送される
  • 転送経路を特定するトンネルラベル(Tラベル)およびユーザを特定するVCラベルからなるMPLSラベルを用いてフレームを転送する

ICMPv6

  • ICMPv6情報メッセージとしては、IPv6のアドレス自動構成に関する制御などを行う近隣探索の機能で使われるメッセージなどが定義されている
  • ICMPv6情報メッセージとしては、IPv6のアドレス自動構成に関する制御などを行うNDプロトコルやIPv6上でマルチキャストグルーの制御などを行うMLDプロトコルで使われるメッセージなどが定義されている
  • 経路決定のためにルータ発見、プレフィックス発見、次ホップ決定及びリダイレクトなどの機能を提供する
  • IETFのRFCでは、ICMPv6はIPv6を構成する一部分として必須であり、すべてのIPv6ノードは完全にICMPv6を実装しなければならないと規定している

ATM

  • セルヘッダのCLPフィールドは、1ビットで構成され、ATM網が輻輳状態に陥ったときなどに優先的に破棄されるセルは、ATMセルのヘッダ部にあるCLPフィールドのビット値が1である
  • SDHベースの伝送コンバージェンス・サブレイヤで生成・挿入された空きセルは、転送先の伝送コンバージェンス・サブレイヤで破棄される
  • SDHベースの伝送コンバージェンス・サブレイヤで生成・挿入された空きセルは、転送先のATMレイヤには渡されない
  • SDHベースの伝送コンバージェンス・サブレイヤは、ATMセル速度を伝送速度に合わせるために、セル流の速度整合を行う
  • ATM網の通信品質は、セル損失率だけでなく、セルを受信端末に送り届けるまでに要する時間、遅延時間の揺らぎの程度などのパラメータと併せて規定されている
  • 物理媒体依存サブレイヤで生成・挿入された空きセルは転送先の物理媒体依存サブレイヤで破棄される


IPv6 又はIPv4

  • IPv6では、送信元ノードのみがパケットを分割することができ、中継ノード(ルータなど)で転送されるパケットについては、送信元ノードのみがパケットを分割することができ、中継ノードはパケットを分割しないで転送するため、PMTUD(Path MTU Discovery)機能を用いることにより、あらかじめ送信先ノードまでの間で転送可能なパケットの最大長を検出する
  • IPv4では、中継ノードで転送されるパケットのDFビット値が0(設定されていない)の場合は、パケットの送信元から送信先までのパスにおいて、パスの最小MTU値より大きなパケットを分割して転送される

  • 最終更新:2015-11-10 14:30:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード